副業

副業に魂を込め、時間を切り売りするのは辞めよう

Sponsored Link

副業に魂を込め、時間を切り売りするのは辞めよう

2020年副業ブームが到来しています。今や副業を禁止している会社は見放されるような時代になってきています。そこで、副業を始める重要性と労働による時間の切り売りがいかに無駄か解説したいと思います。

Sponsored Link

副業を始める

副業と言っても種類は無数にあります。今回は、サラリーマンでも在宅でできる副業をメインに紹介していきます。

①ブログ
②YouTube⇒おすすめ!
③動画編集
④プログラミング

 

①ブログ

副業の中でもかなりオーソドックスの部類に入ると思います。
ブログ作成⇒広告を貼る⇒そこから申込みやクリック、広告の表示回数などで収益化を図ります。
無料で始めることもでき大変人気の副業ですが、成果が出るまで時間がかかるため途中でやめてしまう人が後を絶ちません。

ただし、継続⇒分析⇒改良を繰り返すことで成果が出てきますので、根気強く続けられる方は始めてみましょう。

サーバーレンタルはワードプレスで間違いありません。登録して見てください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

②YouTube

YouTubeは2020年以降かなり注目されています。
いまや、YouTubeは食べ歩きの様子や自分の生活を公開することで収益化している人も多数います。
広告収入がメインとなりますが、今後参加してくる企業が増えてくることが予想されているため、
広告単価が増加することも注目されています。
Macのパソコン一台でも、撮影してYouTubeにアップできますので、是非始めてみましょう。
一度生産すれば自分の資産となり、永久に資産として残り続けます。

③動画編集


動画編集はYouTubeに関連して需要のある仕事です。
YouTube用の動画を撮影しても編集や効果音などの作業をやって欲しいという方が非常に多くいます。

一度スキルを身につけてしまえば、相当有利に仕事ができますので勉強を始めてみましょう。

人気YouTuberでも編集をして欲しい!という人もいます。TwitterのDMなどコンタクトを取ってみることも可能です。

④プログラミング


プログラミングも今注目の副業です。
一定のスキルを身につけて仕事をこなしていけば月に50万円以上稼いでいる人も多数います。

1~3カ月程度勉強する必要はありますが、
自分の資産となりますので、かなりおすすめの副業です。

専門的な知識が必要と思われがちですが、基本的な知識でこなせる仕事も多数あります。

Sponsored Link

残業代を増やそうという発想は捨てろ

ここまで副業をおすすめしてきました。
一方で多くの人がサラリーマンなど労働収入を受け取っていると思いますが、中には、お金を稼ぐなら働いて残業代を多くもらって、副業代わりに収入を上げればいいと思っている浅はかな人も意外と多いです。

この発想は本当に捨ててください。繰り返しですが、もう一度いいます。残業代で収入を増やそうとするのは終わってます。なぜなら、そもそも労働収入は自分の時間を切り売りし、せいぜい1時間当たり2千円~3千円もらえる程度だからです。
一方のYouTubeやブログで成功している人は、月に数百万以上稼いでいます。
その理由は、至ってシンプルで自分が労働するのではなく、自分の複製を作って稼いでいるから良いコンテンツを作成すれば、自動的に収益化できるからです。
例えば、YouTubeなら作った動画で成功すれば、延々と再生され広告収入が入ります。30分の動画が何万回も再生され何万時間と世の中で見られ続け、自分の分身がお金を稼いでくれるわけです。
Sponsored Link

まとめ

今回は、残業をやめて副業に専念することについて紹介しました。ただし、副業で稼ぐことも毎日毎日継続し、努力しなければ結果はでません。
本当に限られた人しか成功していないことが、継続することの難しさを証明しています。
現在仕事のせいで副業ができない方は転職を考えてみてもいいと私は本気で思っています。
簡単に残業を減らせない方や転職できない方もいるかもしれませんが、少しでも副業のメリットに気づいていただけると幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

  • この記事を書いた人

りんごちゃん

31歳。会社員・投資家。 米国株と仮想通貨で人生を豊かに。 複利の力を皆さんに知ってもらいたい。 経済的自由を手に入れ、海外へ移住しよう。 あとで大きな果実を得るために消費は先送りしよう! 一度、飛び立つことができれば後は、飛行機のように風に乗るだけだ!

-副業

Copyright© りんごのマネー戦略 , 2020 All Rights Reserved.