投資成功マニュアル 米国株

30代から始める投資先のおすすめは株式投資とiDeCoです。

30歳を過ぎたけど銀行に毎月貯金しているだけでお金が全然増えていかない、、、
本当にそれでいいのだろうか・・?
これから家族ができたり支出が増えることも多いから資産形成や投資について知りたいです。

こういった疑問に答えます。

もくじ

1.30代から始める投資先のおすすめは株式投資です。

2.30代から始める資産運用のおすすめはiDeCo(イデコ)です

3.実際に30代から投資や資産運用を始めた場合の将来像

 

この記事を書いている私は31歳。
投資歴3年。米国株、仮想通貨、idecoにも加入し毎月投資をしています。
実際に利益が出る確証はありませんが、利益の出る確率が高い資産運用はやるべきです。
実際の手続きもめちゃくちゃ楽勝なので是非始めてみましょう。特に銀行に貯金しているだけの方は絶対に始めてください。

 

 

Sponsored Link

30代から始める投資先のおすすめは株式投資です。


結論として、株式投資がおすすめです。なぜかというと、30代と若い人は平均寿命まで50年以上も運用でき複利効果で資産を増大できるからです。

 

 

□体験談:実際に儲けた話

ある株を家族に勧められ購入したところ3カ月で10万円儲かりました。
この時、私はほぼ知識ゼロ。でも、投資で儲けるという貴重な経験をしました。
その時の感想は「30万で株買ったら40万になった。利益が出ればめっちゃ楽じゃん。」こんな感じでした。
まあ、このケースはレアケースなのであてにすることはできませんが、株を続けて行くうえで大きな出来事だったことには間違いありません。

 

 

■よくある質問:何に投資したらいいの?

ぶっちゃけ答えはありません・・・

りんごちゃん
りんごちゃん
それだと、この記事を
読む意味がないじゃん!!

でも、私が本などで研究しまくった結果一番資産を増やせる確率が高い投資先を自信をもって紹介します。

 

それは米国株(アメリカの株)です。
例えば、アップル、アマゾン、コカ・コーラなどのことです。これを知っていて投資している人も増えていますが、まだまだ投資している人が少ないのが現状です。

 

なんといってもおすすめなのが、基本的に購入したらただ持っているだけで資産が増えていくところです。

 

ココがポイント

基本的にこのような構造がありますが、米国企業は最後の株主への還元をめちゃくちゃ重要視しています。

投資家にとっては大きなメリットですね。

さらに重要なのは米国株を保有すると、銘柄にもよりますが、3カ月に1度配当が自動的に入ってきます。

この配当は浪費せず、必ずまた違う株を購入することです。

これをやるかやらないかで資産の増え方が全く違います。

絶対に配当再投資を行いましょう。

早く始めることが他の人よりも資産を大きくしていくポイントです。
さあ、今から動き出しましょう。

 

まずは、証券の口座が必要です。口座を持っていない方はすぐに無料で資料請求、口座開設しましょう。
SBI証券の口座があればオッケーです。
申込みはこちらから⇒SBI証券

 

 

米国株についてはこちらで詳しく説明しています。
https://toushihou.com/2019/08/beikabu-suishou/

 

 

 

Sponsored Link

次におすすめするのがiDeCoです。簡単にiDeCoについてご説明します。

 

✅自分でつくる年金制度のこと

✅あらかじめ用意された商品に毎月積み立てていきます(給与天引きできる)

✅60歳以降に一時金か年金として受け取ります。※60歳までは引き出すことはできません。

 

 

よくある質問①:どんなメリットがあるの?

運用で得られた利益や利息は非課税なので税金が取られません。

所得税や住民税の節税ができます。

 

実例1

職業:公務員
年齢:30歳
掛金:毎月12,000円

60歳にまでにおよそ864,000円の税金を払わなくて済みます。

 

実例2
職業:会社員
年齢:30歳
掛金:毎月23,000円

60歳にまでにおよそ2,484,000円の税金を払わなくて済みます。

 

給与天引きなら自動的に貯まり余計な税金を払わなくて済むのでいいですね。

 

 

よくある質問②:iDeCo(イデコ)はいくらからできるの?

月額5,000円以上から始められます。下表のとおり上限金額があります。

 

 

できれば上限金額まで積立てしたいところですが、できる範囲でやればOKです。

特に30代と若ければメリットもかなり大きいです。

iDeCo(イデコ)もSBI証券で無料口座開設が可能です。まずは、資料請求してみましょう。⇒SBI証券 iDeCo

 

 

 

Sponsored Link

3.実際に30代から投資や資産運用を始めた場合の将来像

このパートが最重要です。

なぜなら、将来の資産がどのくらいになるかイメージすることで投資を継続していくモチベーションになるからです。

 

例えば30年後運用していた場合としていない場合複利効果の影響で数百万、数千万以上の差がつきます。

 

簡易の図で説明するとこんな感じ。赤線は毎月貯金のみした場合。緑線は株式投資などで投資を繰り返した場合。

はっきり言ってめちゃくちゃ差がでます。

 

具体例

毎月3万円でもこのくらいの差がでます。

ちなみに、株式リターン6%という根拠は米国株の過去の統計上期待できるリターンの例として6%としています。

今回紹介した株式投資(米国株推奨)とiDeCo(イデコ)共に早く始めれば始めるほどこのようなリターンにありつけます。

頭でなんとなく理解ができたら早速、行動をはじめましょう。

 

 

 

Sponsored Link

まとめ

今回紹介した株式投資とiDeCo(イデコ)はいかがだったでしょうか?


今回は30代の方向けに記事を書きましたが、早く始めれば始めるほどリターンが大きく他人と差がつきます。

まずは口座開設するなど行動に移してみましょう。始めてみれば大きな発見が見つかりますよ。

 

参考【本1冊無料・30日間完全無料】Amazon オーディブルは神

暇な人あーコロナウィルスの影響で外に出られない。家で何か暇がつぶせて有益なことないかな? ありますよ。 結論、Amazonオーディブルがお得すぎておすすめです。 気に入らなければ即解約OKで、0円です ...

続きを見る

 

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

  • この記事を書いた人

りんごちゃん

31歳。会社員・投資家。 米国株と仮想通貨で人生を豊かに。 複利の力を皆さんに知ってもらいたい。 経済的自由を手に入れ、海外へ移住しよう。 あとで大きな果実を得るために消費は先送りしよう! 一度、飛び立つことができれば後は、飛行機のように風に乗るだけだ!

-投資成功マニュアル, 米国株

Copyright© りんごのマネー戦略 , 2020 All Rights Reserved.