米国株 証券会社について

【2020年版】米国株の取引手数料徹底比較【手数料負けしない】

りんごちゃん
りんごちゃん
米国株を買ってみたいんだけど、手数料が高そうで不安・・・手数料について教えて!

OKです。

本記事では、米国株購入の際の手数料について徹底解説します。

さらに、大手証券会社の米国株取引手数料の比較についても紹介します。

 

 

Sponsored Link

米国株は手数料負けしない

 

2019年7月に最低取引手数料が撤廃されました。

最低取引手数料が5ドルだった時はたとえば、手数料が3ドルしかかからないような少額取引であっても必ず5ドル取られていました。

このような必要以上に手数料を取られる手数料負けがなくなったので、少額でも購入しやすくなりました。

上の画像はSBI証券ですが、楽天証券やマネックス証券についても最低取引手数料はかかりません。

私たちにとってはより良いサービスが提供されるようになったと言えます。

 

 

 

 

Sponsored Link

米国株取引手数料の比較

以前は証券会社ごとに手数料はややバラつきがありましたが、2019年7月に各社が手数料を揃えました。

購入代金の税込0.495%が手数料となります。

(上限取引手数料は税込22ドル)

米国株取引手数料については、各社手数料の差はありません。

 

ただし、米国株の購入には円をドルに換金しなくてはいけません。

このドルへの換金は、大手証券会社では通常1ドルあたり25銭かかります。

それが住信SBIネット銀行だと1ドルあたり4銭の手数料で済むので、

結論として、住信SBIネット銀行と連携が楽なSBI証券住信SBIネット銀行の組み合わせで米国株を買付けていくのが手数料で一番おすすめです。

 

私も、いつもこの組み合わせで購入しています。

 

▼米国株の購入手順はこちら

参考【2020年完全版】米国株の買い方を徹底解説【15枚の画像付き】

りんごちゃん米国株を買いたいけど、 買い方は簡単なの? 買い方をわかりやすく教えて!   OKです。 手数料最安で最も損しない米国株の買い方を、画像付きで簡単に購入できる手順を徹底解説します ...

続きを見る

 

 

 

Sponsored Link

米国株取引手数料まとめ

 

本記事では米国株の取引手数料についてまとめました。

もう一度まとめると、

ポイント

・最低取引手数料がないので手数料負けは考慮しなくてよい。

・大手証券会社では米国株取引手数料はほぼ統一されている。

・ただし、ドルへの交換手数料を考慮すると住信SBIネット銀行とSBI証券がおすすめ。

以上です。

手数料は微々たるものかもしれませんが、何年も購入を続けていくと大きな金額になりますので少しでも手数料を安くすることが大切です。

お得に米国株を買い続けていきましょう。

▼SBI証券についてはこちら

参考米国株買うならSBI証券一択です【米国株手数料など詳しく解説】

りんごちゃん米国株を買いたいんだけどSBI証券っておすすめなのかな?詳しく教えて! OKです。 結論として、米国株を買うならSBI証券の口座を開設しておけば大丈夫です。 さらに、ドル交換手数料が安い住 ...

続きを見る

 

人気記事【本1冊無料・30日間完全無料】Amazon オーディブルは神

暇な人あーコロナウィルスの影響で外に出られない。家で何か暇がつぶせて有益なことないかな? ありますよ。 結論、Amazonオーディブルがお得すぎておすすめです。 気に入らなければ即解約OKで、0円です ...

続きを見る

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

  • この記事を書いた人

りんごちゃん

31歳。会社員・投資家。 米国株と仮想通貨で人生を豊かに。 複利の力を皆さんに知ってもらいたい。 経済的自由を手に入れ、海外へ移住しよう。 あとで大きな果実を得るために消費は先送りしよう! 一度、飛び立つことができれば後は、飛行機のように風に乗るだけだ!

-米国株, 証券会社について

Copyright© りんごのマネー戦略 , 2020 All Rights Reserved.